あの日

スポンサーリンク

 

あの日。

いつものように晩ご飯を済ませて、夫は自分の部屋に籠りました。

購入した机で翻訳の仕事をするためです。

翻訳の仕事と言ってもまだまだ量は少ないし、どれほどの収入になっているのかまだ全然分かりませんでしたが、新しい机に向かって仕事している・・・そんな自分の姿に酔いしれている風でした。

 

私はお風呂に入りたかったのですが、夫はまだ入っていなかったので声を掛けました。

「先に入るけどいい?」

・・・返事がありません。

「ちょっと?」と言って部屋の扉を開けると、夫が机に突っ伏していました。

いびきも聞こえてたので寝てるのかと思って「風邪引くから布団で寝たら?」と声を掛けても返事がありませんでした。

 

ちょっと肩を揺さぶってみたのですが、それでも起きませんでした。

さすがに様子がおかしいと思って娘に電話しました。

娘からすぐに救急車を呼ぶように言われて「え?」となったのです。

自分で思っている以上に動転していたようです。

 

救急車よりも娘の方が早くやって来ました。

と言うより救急車が思ったより遅かったのです。

電話した時に夫の様子を聞かれてそのままを伝えたら、動かさないように言われたのですが、机に突っ伏したままの夫が可哀想でした。

でも夫は身長178㎝の大柄(昔は180㎝超えていたのですが歳と共に縮んで来た)で、どうしようもありませんが。

 

やっと到着した救急車でしたが同乗を断られました。

コロナのせいです。

病院が決まったら連絡をするので、自宅で待機するように言われたのです。

「夫はコロナではないし私も大丈夫です」と言っても無理でした。

後で考えれば何の根拠もないのに、よく言ったもんです。

そして連絡が来るまでが、とても長かったのです。

 

あの日の事は正直に言ってあまり詳しく覚えていないのです。

今時間が経って記憶を呼び起こしていますが、思い違いの部分もあるかも知れません。

実際、娘と話していて「それはおばあちゃんの時じゃん」とか言われる始末です。

母はもう10年以上前に亡くなっているのに。

ランキングに参加中です。
応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

スポンサーリンク
家族1
atomをフォローする
スポンサーリンク
お金がない!!!還暦主婦が任意整理で借金完済します
タイトルとURLをコピーしました