PR

介護保険料が恐ろしい

スポンサーリンク

 

最後の日はあっけなく終わり

短期派遣の仕事は今日で終わりとなりました。

近くにいた社員さんやパートさん、派遣さんに挨拶して終わりです。

「お世話になりました」と言ったら「あ、どうも」とあっけなく。

ほとんどこんな感じでした。

そりゃあ6ヶ月にも満たないくらいしかいなかったんだから、そんなものかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

 

年金に対して大き過ぎる介護保険料

先日、介護保険料納入通知書が来たんですが、金額にビックリです。

昨年65歳の誕生日を迎えてからはお給料から天引きされなくなって、「もう払わなくていいんだ」なんて喜んでたら、後でしっかり納付書が届いたのでした・・・無知にもほどがある。

しかもその金額が給料天引きの時の約5倍です。

本当にビックリして退職の時に人事の人に聞いたら、会社の負担が無くなったからなんだそうです。

 

年金から引かれる介護保険料

それでもその時はお給料もあったし、何とか支払えていましたが。

今回届いた通知書には、介護保険料を8月支給の年金から天引きすると言うものでした。

その金額が15,000円弱です。

年金が2ヶ月に一度なので、介護保険料も2ヶ月分と言う事でしょう。

2023年度の所得に応じた金額と言う事なので、その時はフルタイムだったから仕方ないんでしょうが。

今はもう明日から無職になり無収入になります。

年金から引かれたら、それだけで生活するのは無理です。(引かれなくても借金があるので無理ですが)

 

自治体によって金額に大きな開きがある

年金額に比例出来ないくらいの介護保険料って一体・・・

調べてみたら、自治体によっては6,000円くらいの差があると言う事でした。

私の自治体は真ん中より少し上でしたが、喜んでいいんだか悲しんでいいんだか。

自治体によって条件が異なるから金額が違うって言うのは何だかなぁ・・・って思います。

 

収入激減と言う事(明日から収入が年金のみ)、減額出来るか役所に相談して来ます。

タイトルとURLをコピーしました