PR

早くも失業

スポンサーリンク

 

出勤すると派遣会社の人が立っていた

今の短期派遣の仕事は9時から16時までです。

1時間の休憩があるので6時間労働なんですが、以前は7時間労働だったので1時間違うだけで、身体の負担がこんなに違うのかと驚いています。

今の仕事は今月いっぱいなので、今から求人サイトを見ています。

 

あと1週間ちょっとですが今月分のお給料は来月入るので、年金と併せても気持ち的にちょっとゆとりみたいなものがあります。

そんな風に考えていたのに、今日出勤したら派遣会社の人が待っていて急転直下の話しをされました。

 

スポンサーリンク

 

いらなくなったら終わり

私はいつも出勤時間15分前には制服に着替えて、同じフロアにある休憩スペースで時間まで待機しているのですが、そこに派遣会社の担当さんが立っていたのです。

まあ今月で終わりだし、その話しかと思ったら。

何と、今月ではなく今週いっぱい(正確には金曜日)と言うのです。

今月いっぱいと言うのは私の勘違いで、本当は今週いっぱいだったんですか?って聞いたら、勘違いではなくて企業さんからの要請だと言います。

え・・・私、何かやらかしました?って聞くと、そうではなくて予定より早く受注生産が終了したからでした。

早い話しが、ヒマになったからもういらない・・・と言う事ですね。

仕方がないと思いつつ、契約では今月いっぱいなんじゃないんですか?って聞いたら、契約期間は3ヵ月で、延長期間はその契約に含まれていないんだそう。

・・・そんなもんなんですかね?

派遣で働いたのは今回が初めてだったので腑に落ちない感もありますが、ごねても仕方ありません。

「分かりました」と伝えて退職時の説明を書いた用紙を頂きました。

 

次は私の番

そのあと仕事に入ると、すぐに担当の若い社員さんがやって来ました。

「明日までになりましたが、お疲れ様でした」とわざわざ言いに来てくれたので、気持ち良く終われそうです。

・・・単純な私。

 

他の派遣の人達にもすでに伝わっているらしく、休憩時にちょっと話しをしたらどうやら今週で切られるのは私だけのようです。

他の派遣の人達は(同部署で)みんな若い人ばかり。

一番歳が近い人でも50代半ばの人です。

その人が「次は私だな」って笑っていましたが、やっぱり派遣でも何でも年長者から切られるんですね。

 

いよいよ本腰を入れて、求職活動しなければ。

タイトルとURLをコピーしました