アフィリエイトとドロップシッピング

「アフィリエイト」はよく知られていると思いますが「ドロップシッピング」ってあまり知られていないんじゃないでしょうか?

ASPサイトである「もしもアフィリエイト」に登録して、私は初めてそう言うものがある事を知りました。今日は「ドロップシッピング」について書いてみます。

スポンサーリンク

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングDrop Shipping)とはインターネット上における商品の広告または販売の一形態で、商品等をウェブサイトの閲覧者が購入した場合に商品の発送(場合によっては請求も含む)を販売したウェブサイトの提供者や広告者ではなく製造元や卸元が直接行う取引方法の名称である。

wikipediaより

簡単に言うと『Dropshipping』とは直訳すると「直送」という意味です。商品が購入されたらメーカー・卸業者が購入者へ商品を直送をしてくれるんです。なので在庫を持つ必要もなく、配送などの面倒な事もする必要がないんです。

ドロップシッピングサイトに登録されている商品を選び、自分のネットショップを開店させる事が出来ます。

もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング」はドロップシッピングサイトの一つです。最初は難しそうで、私には無理!って思っていたんですが、よく読んでいるうちに”出来そうかも・・・”って思いました。そしてサイトを作ってみました。私でも作れるので誰でも作れると思いますよ。

慣れてくるとカスタマイズして、本当に自分のショップを持ったような気持ちになれます。

稼げるの?

稼げる人は稼げる!

”なんじゃ、そりゃ?”って思われたでしょうが、実際に稼いでいる人はいらっしゃるようです。検索で見てみると「ドロップシッピングは稼げない」と言うのもあれば「稼げる」と言うのもありますから、アフィエイト同様に稼げる人は稼いでいると言う事でしょう。

デメリット

ドロップシッピングはSEO対策が難しいみたいです。
サイトは簡単に出来ても、集客がなければ物は売れませんものね。私の作ったサイトも集客ゼロだと思います。

リスティング広告が有効だと書かれているのが多いですが、商品が売れなかったら赤字になるので私的には問題外ですね。やっぱりアフィエイトブログからの誘導が一番簡単かも知れません。もちろん、アフィリエイトブログに力が無いと意味はありませんが。

まとめ

アフィリエイトとドロップシッピングは似て非なるものですが、「稼ぎたい」と言う思いがこもっているのは同じですね。「もしもドロップシッピング」はリスクも少ないようだし、本格的にサイトを構築したい気持ちはありますが、売りたい商品と売れる商品は違うので、その見極めが難しいかも知れません。

もっと詳しく「もしもドロップシッピング」を知りたい方はこちら